次亜塩素酸水とは

次亜塩素酸水(電解水)ってなんだ?

【次亜塩素酸水】次亜塩素酸水(電解水)ってなんだ?

 最近次亜塩素酸水という言葉を耳にすることはありませんか?
 ノロウイルスインフルエンザウイルスに関連するキーワードとして次亜塩素酸水が上がったり、消臭スプレーより安いとか…
 そんな魔法のようなスプレーがあったら、みんな飛びつくのに、いまいち店頭で見かけないような気がする、という方も多いのではないでしょうか。
 ここでは次亜塩素酸水について、簡単にまとめました。

 

次亜塩素酸水とは?

 厚生労働省の資料(pdf)等を参考に、次亜塩素酸水についてまとめます。

本品は殺菌料の一種であり、塩酸又は食塩水を電解することにより得られる次亜塩素酸を主成分とする水溶液。

わが国では平成 14 年 6 月に食品添加物として指定されており、使用基準及び成分規格が定められている。


引用:次亜塩素酸水 次亜塩素酸水 1 - 厚生労働省
 以上のことから、まとめるとこのようになります。

・食塩等を分解して作られる
・殺菌できるものである
・食品添加物である(医薬品ではない)

 

次亜塩素酸水で殺菌できるものは何か?

 厚生労働省では以下のようなものが殺菌できるとしています。

培養した大腸菌、黄色ブドウ球菌、MRSA、サルモネラ菌、緑膿菌、レンサ球菌、枯草菌、カンジダ、黒コウジカビの各種微生物を、微酸性次亜塩素酸水(pH5.2、有効塩素濃度 57mg/kg)に添加し、経時的に生菌数を測定し、殺菌効果を検討したところ、枯草菌以外の微生物に関しては、1分でほとんどが死滅した。枯草菌については、接触 3 分後にほとんどが死滅した

引用:次亜塩素酸水 次亜塩素酸水 1 - 厚生労働省
 つまり、これらほとんどの菌に対しては効果が認められると厚生労働省のお墨付きをもらっているわけです。
 また、最近のトイレで除菌してくれるタイプのもの(除菌水を使っているもの)は次亜塩素酸(HClO)が含まれている液体で除菌しています。このように、様々な場所で除菌ができるのがおわかりいただけたと思います。

 

ノロウイルスやインフルエンザウイルスに対して次亜塩素酸水は効果があるの?

 次亜塩素酸水は食品添加物です。医薬品ではありません
 ですから、「ノロウイルスやインフルエンザウイルスに対して次亜塩素酸水は効果がある!」と書いてしまうと薬機法違反になります。
 ノロウイルスやインフルエンザウイルスと次亜塩素酸水の関係については、論文検索やその他インターネット上でも大学等の論文を見つけることができますから、気になる方は探してみてはいかがでしょうか。

 

次亜塩素酸水の安全性は?

 安全性に関しても、厚生労働省では次のように定義しています。

食品健康影響評価を求められた2種類の次亜塩素酸水は、使用後、最終食品の完成前に除去される場合、安全性に懸念がないと考えられる。

引用:次亜塩素酸水 次亜塩素酸水 1 - 厚生労働省
 つまり、間違った使い方をしなければ安全に使えるということですね。

 

次亜塩素酸水の臭いは?

 次亜塩素酸水はわずかな塩素臭があります。逆に、塩素臭を感じないような次亜塩素酸水は薄めすぎている可能性があります。
 また、塩素臭がするため換気を行いながら使用します。

 

次亜塩素酸水の種類は?
名称 別名 pH 有効塩素(mg/kg)
強酸性次亜塩素酸水 強酸性電解水 pH2.7 以下 20〜60
弱酸性次亜塩素酸水 弱酸性電解水 pH2.7〜5.0 10〜60
微酸性次亜塩素酸水 微酸性電解水 pH5.0〜6.5 10〜80

 pHは高いもの(酸性度が高い=pHの値が低い)ほど肌荒れしやすくなり、pH7(=中性)に近いものほど肌荒れしにくいです。例えば、水のpHはpH5.8〜8.6となっています。
 濃度が低ければウイルスに対しての効果が薄い、というわけではなく、弱酸性電解水、微酸性次亜塩素酸水でもウイルスに対して効果が認められています。ですから、一般的に売られている次亜塩素酸水は、水を足して薄めて使用します。

 

なぜこれほどの性能なのに次亜塩素酸水が流行らないの?

 次亜塩素酸水がこれほどの機能を持ちながら爆発的ヒットにならないのには理由があります。
 それは、分解速度が早いから。
 一般的に売られている次亜塩素酸水は、使用期限が半年〜1年に設定されており、かつ温度・光により分解が進むので、保存にも気を使う必要があります(分解によって有毒ガスが発生するわけではなく、殺菌能力が落ちるという意味です)。
 このため、店頭販売で売られることは少なく、爆発的ヒットとはなっていないのが現状なのです。



ホーム RSS購読 サイトマップ