次亜塩素酸水比較表

市販の次亜塩素酸水比較7選

【次亜塩素酸水】市販の次亜塩素酸水比較7選

 Amazonや楽天市場で次亜塩素酸水を手に入れることはできますが、どれを選んでいいのか分かりにくいですよね。
 ここでは、次亜塩素酸水を一覧表にして比較してみました。

 

次亜塩素酸水比較ポイント

濃度について

 濃度はただたんに数値が大きいほど効果が高い、というわけではなく(もちろん除菌能力は高くなりますが)、数値が高ければ希釈して使えるということです。
 つまり、コスパがいいということになります。
 反面、毎回希釈がめんどくさいという方は50〜200ppmの次亜塩素酸水を選ぶと楽です。

 

製造方法について

 製造方法に関しては、

食品添加物「次亜塩素酸ナトリウム」と食品添加物である「塩酸」又は「クエン酸」等をあらかじめ混和した水溶液を販売することは、この当該水溶液中で化学反応が生じていると考えられることから、添加物製剤には該当せず、その販売は認められない。

引用:次亜塩素酸ナトリウムに酸を混和して使用することについて(pdf)


 とあります。ですから、製造方法が明記されている次亜塩素酸水(電解法がベスト)を選択するのがいいでしょう。

 

次亜塩素酸水比較表(濃度順)

商品名 Amazon等価格 容量 濃度 pH 希釈 製造方法

CELA
Amazonで購入する
楽天市場で購入する

2500円程度 2000ml 50ppm 6.50±0.05付近 希釈不要 独自製法(特許第4413983号)

コモスイ
Amazonで購入する
楽天市場で購入する

1900円程度 2000ml 200ppm - 要希釈 次亜塩素酸ソーダとの希塩酸を水と混合

サライウォーター
Amazonで購入する
楽天市場で購入する

2400円程度 2500ml 200ppm -

要希釈
(1〜4倍)

-

次亜塩素酸 @クリア
Amazonで購入する
楽天市場で購入する

1000円程度 2000ml 500ppm 6〜6.5 要希釈

(8〜20倍)

バイバイ菌
Amazonで購入する
楽天市場で購入する

2300円程度 2200ml 500ppm - 要希釈

(1〜10倍)

塩化ナトリウムを電気分解

アクアルファf
楽天市場で購入する

2500円程度 2000ml

600ppm 5.8〜6.4 要希釈 電気分解


ホーム RSS購読 サイトマップ